Skip to content

自動車販売会社設立に必要なこと

自動車販売会社設立をする場合に必要なものは、資金・場所・資格と大きく3つが必要となります。

資金は、自動車関連にかかわらず、開業するためには必要となります。資金の内容は、設備投資費、材料調達、宣伝広告費、人件費です。設備投資は建物、賃貸料、事務機器やパソコン等設置費です。材料費は販売車の仕入れです。宣伝広告費は、広告や看板、インターネットネット環境に掛かる費用、オークション会員登録に掛かる費用等です。資格は、古物商の資格や、整備を行う場合認定工場などの資格などです。

自動車という高額なもので、かつ、中古車のように故障や性能への不安や懸念がある場合、ある程度のノウハウがなければ販売が難しいでしょう。とくに、中古車販売店は、顧客を定着させることが難しいです。会社設立での問題は、売れる仕組みや顧客を抱え込むノウハウを確立することです。消費者は、お気に入りのクルマを安く買うことが目的で、消費者のデーターで、100人に聞いてみると全体の3割が同じメーカーの車種を選び、同じ型の車を選ぶ人は2割程度、同じ販売店で購入するという人は全体の3割強です。

多くのユーザーが販売店を変えて購入をしているのです。中古車の展示を販売する店で、販売台数が展示車両の4割も売れれば大繁盛店です。あとの6割の車はオークションに出したり、価格を下げて売るなどします。中古車には大きな利益を乗じて販売をします。ただ、ロスとなる車両や経費リスクを販売で補います。会社設立前にしっかりと経営計画を立てることが重要となるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *