Skip to content

税理士が転職するときの基礎知識

税理士が転職を考えるときには、単に資格が生かせるだけではなくて、収入アップを実現できることも重視するべきです。

更に家族のことを考えて、残業が少なめで休日も多い転職情報を見つけるべきです。そのためには経理や会計専門の求人サイトを利用して、興味のある求人情報をチェックするのがポイントです。更に転職後に同じ税理士事務所で働き続けるだけではなくて、将来的に独立を考えるなど、長期的な視野に立って仕事を選ぶべきです。特に最近注目されているのが、規模の大きな税理士法人の求人です。

大規模な法人であれば専門性の高い仕事ができるので、スキルアップを考えている人にも最適です。その中には大手企業の顧客が多い法人もあり、顧問契約先での仕事を通じて、知識とスキルを最大限に生かすこともできます。また大手の法人であれば完全週休二日制であり、福利厚生も充実している点が魅力的です。また最近では会社設立支援などにも乗り出す税理士法人も多く、転職することでそのノウハウを学ぶこともできます。

特に会社設立は大きな収益源であり、将来的に独立開業するときにも現場での経験を役立てることができます。そして経営相談へのニーズにおいても、これまで蓄積してきた経験をフルに活用することが可能です。また最近ではFX専業法人からの相談や、様々な企業からの融資や助成金などの相談も増えています。そのために転職することで、仕事の幅を広げることも可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *